本文へスキップ

〒815-0032 福岡市南区塩原1-8-6-3F

TEL. 092-554-9010

先輩社員の声Voice of the senior employee

これから朝日新聞福岡総合開発を受けようとしている皆さんへ先輩からメッセージです。

『成約パターンを増やしたい』  栗田 和憲(46歳)

【前職】住宅販売営業職

【入社を決めた理由】
「信頼と安定が見える業界で働く」
 前職の住宅販売営業職の営業は、住宅展示場にお越し頂いたお客様のお宅を訪問し、じっくり話をして成約につなげる仕事でした。営業のスタートは待ちの姿勢からとなります。一方で朝日新聞の営業は戸別訪問をしていく営業なのでスタイルが違います。私の場合は、前職の会社が別会社と合併することになると聞き、将来に不安を感じて転職を決意しました。信頼できる業界にあって、安定が見込める朝日新聞の営業が自分の希望に合っていると思ったので、入社を決めました。

【携わっている仕事】
「テーマを決めて行うターゲット営業」
 朝日新聞は教育関係者の講演会にお越し頂いたお客様のお宅を事後に訪問して成約するといったターゲット営業にも力を入れています。テーマがあらかじめ絞れ、お客様と共通の話題が用意されているので、成約に結び付けやすいと思います。また、事前に自分の型を作ってから臨めるので、安心して取り組めます。

【入社して変わったこと】
「打って出る新聞の営業が好きになった」
 新人の頃、戸別訪問を繰り返す営業スタイルを身に付けるため、先輩社員による営業指導をしっかり行って頂きました。早いうちに自分のスタイルを身に付けることができたので、自信を持って仕事をすることができました。その後成果が出るようになると、仕事が面白くなって、続けようという気持ちが強くなりました。

【これからについて】
「自分の営業の引き出しを増やしたい」
 自分自身の営業トークの型を増やすことで、より多くのお客様から成約をもらえるようになると考えています。この仕事が好きなので、ASAや朝日新聞社が用意するさまざまな仕掛けを利用し、時代と自分のスタイルに合った営業手法をこれからも作っていきたいです。

バナースペース

朝日新聞福岡総合開発(株)

〒815-0032
福岡県福岡市南区塩原1-8-6-3F

TEL 092-554-9010